リハビリには欠かせない|整体師の資格を取れば手に職を付けられる!

整体師の資格を取れば手に職を付けられる!

リハビリには欠かせない

男の人

高いハードルではない

理学療法士の国家試験は、毎年1回全国8か所で行われています。受験する資格は文部省が認定した大学や短大、もしくは厚生大臣が認定した専門学校で学習して実習を終えて、養成学校を卒業した人に受験資格が認められています。理学療法士の国家試験の合格率は90%以上に達していた年もありますが、最近では80%台で推移しています。ですがこの合格率の数字は、がぜん高くなっています。専門の学校で学んだ人にとってはそれほど国家試験が、高いハードルではないことを物語っています。この試験の合格率は各学校でばらつきがありますので、理学療法士になるために各種の学校に行く場合には、その学校での国家試験の合格率を調査してみることも大切なことになってきます。

専門知識が必要

養成学校に行って資格を取得することができれば、理学療法士として働くことが可能になってきます。高い合格率を背景にして、理学療法士を目指す人も多くなってきています。ですが資格を取得したからと言って、理学療法の勉強がこれで終わりというわけではありません。就職してからも日々新しくなっていく知識や、技術を得ていかなければなりません。医療や福祉の情報にも敏感になり、日々の学習や研修が必要になってきます。最近は理学療法士を目指す女性も増えてきています。人数の割合を見てみると男性よりも、女性のほうが多くなっています。リハビリの専門家として多くの女性が活躍してきています。理学療法士を求めている施設はいろいろありますが、これからの理学療法士には施設によってそれぞれの専門知識が、ますます求められていきます。