高齢化社会をリードする|整体師の資格を取れば手に職を付けられる!

整体師の資格を取れば手に職を付けられる!

高齢化社会をリードする

女の人

国家試験対策を忘れずに

高齢化社会を迎え、今注目を集めている資格の一つに、作業療法士があります。様々な作業を通して機能回復を図る医療の専門家です。作業療法士は国家資格ですので、取得するためには国が指定した養成機関で3年以上の学習をする必要があります。しかし、忘れてならないのが国家試験で、これに合格しなければ作業療法士の資格は取得することはできません。作業療法士を目指す場合によく問題になるのが学校選びですが、その際には国家試験の存在も頭に入れておく必要があります。意外に忘れられがちですが、養成機関での学習はあくまで国家試験の受験資格を取得するためで、国家試験の合格を保証されるものではありません。国家試験にいかに合格するのか、という点からも学校選びをする必要があるでしょう。これからもますますその重要性が増すであろう作業療法士、魅力ある資格の一つと言えるでしょう。

学校選びの特徴

作業療法士になるには、大きく分けると2つのコースにがあります。1つは4年制の大学もしくは専門学校で学習する、そしてあと1つは3年制の短大もしくは専門学校で学習するというものです。4年制と3年制、大学・短大と専門学校、それぞれに利点や特徴があります。大学は学士という資格も取得できますし、卒業後大学院へ進み、より専門的な研究をすることもできます。専門学校はより現場に密着した学習が可能だと言えます。また、4年制は時間をかける分じっくりと学習することができますし、3年制はいち早く社会へ出ることができます。それぞれにメリットがありますので、自分の性格や目指しているもの、費用など様々な角度から検討して、自分に合ったものを選びましょう。自分なりの作業療法士の姿を実現するために、明日への一歩を踏み出しましょう。